読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる」を読んだ

とても心を打ちのめされた。とても良い本だった。


この本は短編集で、それぞれ男女の恋愛の物語で構成されている。
中でも「柿緒」が特に心を響かせた。
読後、「好き好き大好き超愛してる」というタイトルの素敵さに気づいた。


彼の小説を読むのはこれが初めて。
彼の奇想天外な空想には目を見張るものがある。
ただそれ以上に、人の内面を事細かに映し出す力が素晴らしい。


登場人物の心情が豊かで繊細で妙にリアリティがある。
悲しさや嬉しさが現実感を保って伝わってくる。
非常に自問自答が多く、心情の曖昧さを許さない。
とても的確に心情を分析している。


私は非常に愚鈍な人間で、よく思考を停止しながら生きている。
だから彼の自分を見つめる鋭どさを羨ましく思う。


この本は一年以上前にrokujiさんがオススメしていたもので、
新書サイズ版の表紙のかわいさにつられて購入しました。

好き好き大好き超愛してる。 (講談社ノベルス)

好き好き大好き超愛してる。 (講談社ノベルス)