読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画レビューサイトの価値

漫画レビューサイト・漫画批評サイトに踊らされていませんか?
最近いろんな所でこの記事を目にしますね。
それに対する、どらみそら。様の記事が興味深くて考えさせられた。
されどあなたは漫画感想サイトに踊らされる



雑誌やネット上では、漫画や映画のレビューがたくさん行われてます。
その中で評価の高いものを見たのにあまり面白くなかった・・
そんな経験をした人は多いと思います。


それは至極当たり前のこと。
人の感性は千差万別。
10人中9人が面白いと評価した作品であっても、
自分が残りの1人となる可能性は十分にあるからです。
逆に10人中9人が面白くないと評価した作品であっても、
自分にとって最高の作品になることだってあります。


よって漫画レビューサイトの言葉を真に受けること自体間違いです。
だとしたら漫画レビューサイトの価値とは何なのだろうか?



私も数年前から7&Yで漫画のレビューをやっております。
始めたきっかけは、
「面白い漫画ある?」
と聞かれた時に、そのURLを紹介すれば楽だったからです。
あと文章の書き方を磨くためです。
全く上達してませんが(笑



レビューをする側の価値は以下の3点が大きいと思います。
①作者の利益
②自分用メモ
③他人との価値観の共有


①は単純です。
本が売れないと作者はこれ以上作品を作れなくなります。
これからも作者の作品を見たいので、レビューにより少しでも売り上げに貢献しようというわけです。


②も単純。
自分の考えを整理することもできるし、
忘れないように残しておくことにも役立ちます。


③ですが、人の価値観は千差万別と言いつつも共有したいのが人の性。(笑
自分が面白いと思った作品は他人にも知ってもらいたいものです。
また、趣向がかぶると嬉しいものです。
それは無名な作品、酷評が多い作品であるほどレビューのし甲斐があります。



ここに落とし穴があると思います。
レビュアーが薦めたい作品は誰もが認めるような万人受けの作品でない可能性が高いのです。
もちろん万人受けする作品のレビューも多いですが。。


また大手漫画感想サイトはコアな漫画好きなので、
あまり漫画を読まない人とは温度差もあるでしょう。



しかし、レビューを読む側にとっての最大の価値は、
大量にある作品の中で面白い作品の情報を得ること、です。



では、どうすればよい作品に出会えるか。
これはもう自分の勘に頼るしかないと思います。
こう言うと、元も子もないように感じるでしょうが・・。


レビューを読んで「これは面白そう!」と思った時は外れは少ないです。
逆に「みんな面白いって言ってるからとりあえず読もう」とすると時々外れます。
あくまで私の場合ですが。。


あくまで評判は参考程度にして、自分で考えて買うのがベストだと思います。
そんなわけでウチでもこれからも漫画感想をやっていきますが、
買って面白くなくても石とか投げないで下さい(笑。