読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『大東京トイボックス』4巻とか

大東京トイボックス(4) (バーズコミックス)

大東京トイボックス(4) (バーズコミックス)

小さなゲーム会社・スタジオG3のドラマを描く業界漫画、久々の新刊。
入荷数少ナイヨー。


去っていく仲間、主人公・天川の迷走&暴走、天川への不信感・・・etc
イヤ〜な展開が続いております。
読んでて体に悪い・・・。


しかし社長の月山さんがかわいい。

仕事の時はビシッとしてるのに、家の中では学生ジャージ(ゼッケン付)+メガネ。
何すか、このギャップの破壊力。
あと、腐女子なアベマリさんも素敵。



ヤバい現状ですが、はたして乗り切ることができるのか!?
ここは最初ヒロインぽかったのに最近出番が少ないモモの出番か!?
今後も目が離せません。




“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)

ちまちま買ってようやく5巻目ー。


3年前主人公の目の前で屋上から飛び降り、主人公に大きなトラウマを植え付けた元・恋人の美羽とついに対峙。
ひとつの節目となる話だけに、いつもにも増してヘビーな展開でした。


【ちょいネタバレ注意】
トラウマから人との接触を避けてきた主人公・心葉の数少ない大切な仲間たち。
それらがどんどん壊されていく前半。
美羽の心の闇が明らかになっていく後半。
そして美羽の協力者"B"の意外な正体。
読んでて息苦しくて、ずっと心臓をギューっと締め付けられるような感じでした。


仙道じゃないですが、ずっと「それでも文学少女なら何とかしてくれる」と思わざるを得ませんでした。
普段は間抜けなのに、これだけ頼りになる遠子先輩の存在に恐れ入りました。
あと、ななせは本当にいい人だなー。
竹田千愛・・・恐ろしい子・・・!!


今回、フューチャーされたのは宮沢賢治の名作『銀河鉄道の夜』。
「生きる意味や本当の幸せとは何なのか?」
生前は評価されず、苦しい絶望だらけの人生を送った宮沢賢治
そんな彼の作品は今なお多くの人に愛されている。


「光を求め歩き続ける 君の情熱がいつの日か
 誰かにとっての光となるでしょう
 誰かにとっての兆しとなるでしょう」(『光芒』B'z)

なんとなくこの歌詞が頭に浮かびました。
妙に今回の話にシンクロしてます。
「苦しいけど現実と向き合って生きていく、その意味」
文学少女シリーズのテーマのひとつだと思います。



最後に語られた衝撃の真実。
残すは番外編と最終巻のみ。





文学少女シリーズの名作MAD
青臭いイタさがJungle SmileのBGMとマッチしすぎていて反則的です。






■アニメ『けいおん!』が終わったので適当に感想
アニメ『けいおん!』ついに終わったねー。
何だかんだで全話見てました。


原作のまったり感だけでなく、青春アニメとしての「苦悩」や「成長」なんかも取り入れたり。
原作ファンも納得な良い方向への改変は、さすが京アニといったところ。


放送前は、原作がマイナーなだけに一般受けするのか心配でしたが、蓋を開ければこの結果。
一大ブームと呼んでも過言ではない大ヒット。
一原作ファンとしては喜ばしいことなんだろうけど、過剰評価気味なのが若干不安だったり。
個人的には「この物語は軽音部の日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないで下さい」的な作品なので。
まぁ数ヶ月たてば一気に熱気も落ち着くんでしょうけど。(苦笑


なんにせよ、ひとつの青春アニメとして良い作品でした。
2期はさすがに話数的に厳しいかな?


ハルヒの新作『エンドレスエイト』はまさかの3話構成で・・・。
しかし流石絵も綺麗だしテンポもいいし面白いなー。