読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『3月のライオン』『よんでますよ、アザゼルさん』ほか感想

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

久々の新巻。
表紙からは到底将棋漫画とは思えない。


今回のMVPはなんといっても島田八段!
かっこ良すぎる・・・。素敵中年☆


人に頼ることを拒んで孤独をグルグル彷徨う主人公。
今回でちょっと光が見えてきた感じ?


人の温かさと孤独感、そのブレンドさが絶妙。
ハチクロに負けず劣らず素晴らしい作品。





よんでますよ、アザゼルさん。(1) (イブニングKC)

よんでますよ、アザゼルさん。(1) (イブニングKC)

いろいろ良い評判は聞くのでブックオフで購入ー。
悪魔を召喚して事件を解決する探偵事務所が舞台のギャグ漫画。


魅力的なキャラ、万人受けの分かりやすいギャグなど、
王道的なギャグ漫画といいますか、ギャグ漫画のお手本的な作品です。
パロディの元ネタが分かりやすさを狙ってか、どれも大手すぎる。。。(ドラ○ンボール、北○の拳、サザ○さん他)
訴えられられないか心配だ。(笑


絵柄はヤングガンガンとかにいそうな最近な感じだけど、古谷実の影響も受けてそう?
ブサイクな人物の描写とか特に。





ACONY(1) (アフタヌーンKC)

ACONY(1) (アフタヌーンKC)

こちらも今更ブックオフで購入。
主人公の少年が引っ越してきた先は妖怪屋敷・・・なお話。
ヒロインのアコニーの設定が変わっててちょっと面白い。


もちろんシリアスな展開もありますが、コメディタッチがメインというと冬目景作品だと珍しい?
1巻だけだと今後どういう展開になるのか分からないが、2巻以降面白くなる要素はありそう。




しばらくぶりに『文学少女』シリーズ購入。
今巻から新章突入?


相変わらず、意表を突くオチ、心を突き刺すような心理描写が面白い。
事件を解決する心葉くんがどんどんコナン化していくようだ。(笑
新ヒロインの菜乃は元気いっぱいでかわいい。
読んでてニヤニヤさせられます。
最後の意味深な言葉の真意や如何に。


一度は完結した『文学少女』シリーズですが、まだまだ暫く続くのでしょうか?
最終巻を読んだとき、「もっと主人公たちの今後を見たい!」という気持ちは確かにあり、続きを読めるのは確かに嬉しいんですが。
ただ、文学作品としてみた時、「アレで終わっとく方が綺麗だったのでは」という気持ちもあり。
ちょっと蛇足的な感じがあるのも正直なところ。
新シリーズが前章に匹敵するクオリティになるや否や・・・。