読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解けない魔法『MAGIC』

MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

B'zの最新アルバム購入〜。
さっそくへびぃろーてーしょんです。


華やかでPOPで、意外にもスピード感のあるROCKなアルバム。
聴きやすくて王道で全体的なバランスが良い点では『MONSTER』『RISKY』『SURVIVE』辺りに近い感じか。




【曲別感想】
1.Introduction


2.DIVE
シングルverとは違い最初のスローな部分はカット。
イントロのテンションの上がりっぷりは何度聴いても良い。
実質1曲目にシングルはB'zとしては珍しい。


3.Time Flies
B'zらしいロックでスピード感ある曲でシングルでもおかしくない出来。
イントロがマイコーの某曲を想像させるのは時期的に見ても狙ってるとしか思えん。
『Time Flies』とは『時間は早く過ぎる』的な意味らしい。
歌詞のテーマもまんま『光陰矢のごとし』的な内容。


4.MY LONELY TOWN
ダークなミディアムテンポな曲ながら凄く心地よい曲。
バランスの良いとても優等生な曲だと思う。


5.long time no see
B'zらしいスピード感あるROCKでPOPな曲。
1番だけ聴くと『WARP』のような再会を歌った曲だと思ったが全然違った。
『初心忘れるべからず』的な内容の曲。
稲葉氏の謙虚な姿勢が表れてます。


6.イチブトゼンブ
初めて聞いた時はちょっと微妙な印象だったけど、意外と飽きないのが不思議。
並べてみると一番ヘンテコなタイトルだ。


7.PRAY
これも初聴は微妙な印象だったけど、じっくり歌詞を読むと非常に良い曲。
TAKが得意な和風ROCKバラードの中でも群を抜く壮大な曲。
「誰かのために祈る」というテーマから「人と人との繋がり」の大切さを感じさせる歌詞。
偽善的なイヤらしさが全く感じられないのが良い。


8.MAGIC
ミディアムテンポで変則的なリズムが面白いROCKな曲。
常に魔法にかけれたように夢中にさせるような新鮮な魅力を保っていこう的な歌詞。
新作ごとに驚きをくれるB'zのストイックさが歌詞にも表れてると思う。


9.Mayday!
『HOLY NIGHTに口づけを』を連想させるPOPなメロから一気に盛り上がる激しいサビへ。
ノリノリで楽しい曲でライブで盛り上がりそう。
「大変だ!急げ!まだ間に合う!」的な歌詞。
既存曲だと『なりふりかまわず抱きしめて』に近いテーマか。


10.TINY DROPS
綺麗なメロディラインの“死”をテーマにした切ない曲。
『shower』が身を引き裂かれるような悲しみだったのに比べると、穏やかに淡々と歌っている印象。


11.だれにも言えねぇ
山本リンダのような歌謡曲っぽいメロから一気にメタルなサビへ。
今回のアルバムで一番想像の斜め上をいった曲。
最後のサビ前の展開が非常に面白い。
歌詞もなんじゃこりゃなテンション高い内容。
個人的にアルバム曲では一番気に入った。


12.夢の中で逢いましょう
メロはもろに歌謡曲。
ここまで歌謡曲なのはB'zの曲の中でも一番?
意外と合ってます。
しかしサビはやっぱりB'z。
別れた彼女に会いたいと願う歌詞。
『ONE』にしろ『ALONE』とかにしろコレ系の歌詞って多いような。


13.Freedom Train
ラストに相応しい重量感たっぷりなミディアムテンポなROCKな曲。
自由に突き進め的な歌詞。
B'z版『イージュー★ライダー』?
寝て暮らすのも街を捨てるのも恋に溺れるのも自分次第です。




前作から本格的に関わり出した寺地氏が全曲アレンジャーとして参加。
だいぶ音が広がりを増した印象。
明石氏と徳永氏の良いとこを合わせたような方ですね。



タイトル曲のテーマでもあるように「いつまでも新鮮さを」という心意気の詰まった意欲的なアルバム。
全体を通して完成度の高い優等生って印象。
『MONSTER』もそうだったけど、非の打ちどころが無さ過ぎて逆に物足りないような、贅沢な悩みだ。
前作『ACTION』が想像の斜め上を行きすぎてたのに比べると、意外性があったのは『だれにも言えねぇ』くらいか。
『光芒』ばりな群を抜いた名曲ってのも今回はなかったかなぁ。
B'zのアルバムの場合、何回も聴くとずいぶん印象が変わってくるので、これからじっくり聴きまくるとします。