読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『戦国妖孤』『虫と歌』とか

最近買った漫画とかー。


戦国妖狐(1) (BLADE COMICS)

戦国妖狐(1) (BLADE COMICS)

惑星のさみだれ』の作者による時代物。
ずっと気になってて、ようやく購入。


妖孤のたまと仙道の迅火は世直しの2人組。
そしてその2人に出会い、旅を共にすることとなる浪人・真介らとの物語。
闇(かたわら)と呼ばれる化け物や、闇で人体実験を行う断怪衆らとの闘いがメイン。


今作でもギャグとシリアスの絶妙なバランスは健在。
また、大胆でダイナミックな戦闘シーンが気持ちいい。


灼岩かわいいよ灼岩。
・・・と思ったら最新刊でうわぁぁぁー
ずっとつらい思いをしてやっと幸せになれて、これからという時に。。。
これはキツイ。


迅火が人を嫌う理由、たまが旅を続ける理由など謎はまだまだ。
続きに期待。



アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)

アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)

これも前から気になってて、ようやく購入。
漫画家一の熱血漢・島本和彦の自伝的作品。
漫画家に憧れつつも空回り続けるダメな男の黒い青春ストーリー。


登場人物が庵野秀明だったり高橋留美子だったりあだち充だったり。
普通に本名で出てるのが何だか凄い。
作品に対する想いを語り倒してます。(笑


流石、熱さとギャグが素晴らしい作品。



虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)

虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)

表紙が気になって買い。
非現実的な日常を優しい静かなタッチで描いた短編集。
人でない者の存在と人との交流を描いた4つの話を収録。
どれもかなり非現実的な設定なのに自然に思えてくる不思議。


ペットなど人間以外のものを家族のように感じることはよくあることだが、
それが人の形をした植物や虫だったら・・・。


ちょっとセリフとかが分かりにくいなど荒いところはありますが。
心に残るものを感じさせてくれる素敵な作品です。



バージン・ロープ (チャンピオンREDコミックス)

バージン・ロープ (チャンピオンREDコミックス)

これバカだろう。(笑
さすが青年誌の皮をかぶった成年誌・チャンピオンRED
闘う巫女が毎回あんなことやこんなことされる、完全にエロ漫画です。
くだらなすぎなエロコメディで笑った。
ちょっと絵柄が『謎の彼女X』の植芝理一氏に似てる気がする。