読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『チーズはどこへ消えた?』―“変化”への対応―

チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?

何年か前に大ヒットした本。
図書館で見かけたので、読んでみた。


二匹のネズミと二人の小人がチーズをもとめるストーリーを通して、変化に柔軟に対応する大切さを伝えてます。


安泰な生活が手に入ると、誰しもそれに安心して、それを失うのを恐れてしまうもの。
しかし、世界は常に変化しているので、いつかは失ってしまう。
変化を常に意識し、シンプルシンキングで、フットワークを軽くして対応していくことが必要。


当たり前なことでなんだけど、知らないうちに変化を恐れる穴にはまってしまうんですよねー。


メインの物語は良いとして、前後のディスカッション部分は正直クドいかな(笑
「俺はこの物語を読んで、ビジネスが飛ぶように成功した!」みたいな流れは特に。
物語の補足って意味は分かるけど、考察くらい読者に任せちゃっても良かったと思う。


ページ数は少なくて、易しい文体なので、すぐに読めちゃいます。
余程変化に自信がある人を除けば、読んで損はないと思う。