読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2010 個人的にこのマンガがすごい!(25位〜1位)

今年購買した漫画で個人的に良かった50作品を羅列。
25位〜1位まで。



【25位】ジゼル・アラン

ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)

ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)

20世紀前半のヨーロッパ風の世界を舞台に、好奇心旺盛なお嬢様が「何でも屋」を開業して世の中に触れていくお話。
絵が美しく、優しくて温かいストーリーに癒されます。





【24位】シグルイ

シグルイ 15 (チャンピオンREDコミックス)

シグルイ 15 (チャンピオンREDコミックス)

一部で絶大な人気を獲得した残酷絵巻もついに完結。
ラストに相応しい壮絶なラストでした。
数々の狂気と笑いに感謝致す。





【23位】ジオブリーダーズ

ジオブリーダーズ 16―魍魎遊撃隊 (ヤングキングコミックス)

ジオブリーダーズ 16―魍魎遊撃隊 (ヤングキングコミックス)

今年で連載15年を誇るアクションコメディ。
これまではギャグ要素の強い作品であったが、最新巻では全てをひっくり返す壮絶で驚愕の結果に・・・。
ある意味、漫画界の伝説になるような巻だった。





【22位】百舌谷さん逆上する

百舌谷さん逆上する(5) (アフタヌーンKC)

百舌谷さん逆上する(5) (アフタヌーンKC)

ツンデレを精神病の一種と捉えたブラックギャグ漫画。
希望と絶望、笑いとシリアスが、おかしなレベルでバランスが取れた怪作。
新キャラも続々登場し、さらにカオスに。





【21位】狼の口 ヴォルフスムント

狼の口 ヴォルフスムント 2巻 (ビームコミックス)

狼の口 ヴォルフスムント 2巻 (ビームコミックス)

中世ヨーロッパが舞台の、スパイの侵入を一切許さない最強の関所の話。
一気に絶望に突き落とす救いのない展開が凄まじい。
沙村広明の『ブラッドハーレーの馬車』に近い雰囲気を感じる。





【20位】ヴォイニッチホテル

ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

南国ホテルで暮らす奇妙な人たちの奇妙な物語。
作者の中では珍しく長編で、童話の皮をかぶったブラックなギャグセンスは相変わらず健在。




【19位】R-中学生

R-中学生(1) (ヤングマガジンコミックス)

R-中学生(1) (ヤングマガジンコミックス)

性欲で頭グチャグチャな中学生たちのアホなギャグコメディ。
絵はあまり上手い方ではないものの、何とも言い難い奇妙な味のある空気が滲み出ている。
作者にヤバい才能を感じる。





【18位】戦国妖狐

戦国妖狐(5) (ブレイドコミックス)

戦国妖狐(5) (ブレイドコミックス)

日本の戦国時代風の世界を舞台にした妖怪合戦。
ギャグとシリアスのバランスが良く、豪快なアクション、熱いセリフなど魅力的な作品。
物語はついに最終戦!?





【17位】放浪息子

放浪息子 11 (ビームコミックス)

放浪息子 11 (ビームコミックス)

性同一性障害や女装男装をテーマにした切なく透明感のある作品。
優しさと苦悩が詰まった描写がたまらなく癒し。
来年アニメが開始!





【16位】3月のライオン

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)

将棋で高い実力を持つ少年が主人公の、心の交流を描いた作品。
だんだんと孤独感や絶望感から救われていく様子に心が動かされます。
登場人物たちがどれも素敵すぎ。





【15位】男子高校生の日常

男子高校生の日常(3)(ガンガンコミックスONLINE)

男子高校生の日常(3)(ガンガンコミックスONLINE)

アホでバカな高校生たちの楽しげな日常を描いたギャグ漫画。
とりあえず楽しい気分になれる良作。
くだらないノリがたまらなく良い。




【14位】呼出し

呼出し一(1) (モーニングKC)

呼出し一(1) (モーニングKC)

妖艶でエロティックな作風に定評がある作者の新作は・・・まさかの相撲!?
これまでの印象を大きく変えながらも、しっかり面白いのは流石。
主人公たち高校生の初々しさがとてもかわいい。





【13位】ウツボラ

ウツボラ(1) (F×COMICS)

ウツボラ(1) (F×COMICS)

突如自殺したゴーストライターと、その妹を名乗る女性、それらが引き起こすミステリー。
こちらは正に中村明日美子の真骨頂。
妖しい雰囲気に酔いしれます。





【12位】ウシハル

ウシハル 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

ウシハル 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

エロい妄想力が行きすぎて牛が女性に見える少年のギャグコメディ。
もう発想がおかしい。
何なんだこの作品は?





【11位】純潔のマリア

純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)

純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)

もやしもん』の作者の新作は中世を舞台にしたファンタジー。
魅力的でかわいらしいキャラクターたちが素敵。
菌じゃなくても抜群に面白いのは流石。





【10位】アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)

アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)

情けない男が主人公のリアルすぎる恐怖を描いたゾンビパニック作品。
他のゾンビ物に見られるようなガンアクションなどは無く、ひたすらに現実的なのが逆に面白すぎる。
実際ゾンビに襲われたら、自分たち一般人はこんな感じなんだろう。





【9位】宇宙兄弟

宇宙兄弟(12) (モーニングKC)

宇宙兄弟(12) (モーニングKC)

宇宙飛行士を弟に持つ主人公が脱サラして宇宙飛行士を目指すストーリー。
だんだんと目標に近づく主人公、そして弟はついに月から帰還へ。
しかしまた新たな問題が・・・。





【8位】キングダム

キングダム 20 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 20 (ヤングジャンプコミックス)

中国の戦国時代を舞台に、秦の武将を目指す少年の豪快で壮大すぎる物語。
何万対何万の迫力ありすぎる戦争描写が熱すぎる。
長期連載ながらテンションが上がり続けるのが凄い。





【7位】進撃の巨人

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)

圧倒的な力を持つ謎の巨人に襲われる恐怖を描いた少年漫画。
このマンガがすごい!2010』の1位に選ばれ、大ブレイク。
まだ荒さはあるものの、感情がビシビシ伝わる描写に圧倒される。





【6位】あまんちゅ!

あまんちゅ!(3) (ブレイドコミックス)

あまんちゅ!(3) (ブレイドコミックス)

女子高生ダイバーの爽やかでキラキラした青春ストーリー。
軽やかなタッチで、本当に笑顔が素敵な作品。





【5位】ONE PIECE

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)

今年連載60巻にして漫画界最高の大ヒットを記録したモンスター作品。
本誌の方では一気に2年後に。
新しい冒険にワクワクが止まらない。





【4位】となりの怪物くん

となりの怪物くん(6) (デザートコミックス)

となりの怪物くん(6) (デザートコミックス)

不器用でヘンテコな高校生たちの青春恋愛ストーリー。
残念美人な夏目さんと空回りまくるヤマケン君がサブキャラながらいいキャラしてる。
刻み良いギャグと、かわいらしい恋愛に癒される。





【3位】ハルシオン・ランチ

ハルシオン・ランチ 1 (アフタヌーンKC)

ハルシオン・ランチ 1 (アフタヌーンKC)

無限の住人』の作者の久しぶりのギャグ作品。
ホームレスとなった中年・化野元(あだしのげん)は、何でも空気のように食べてしまう不思議少女と出会い、騒動に巻き込まれる。
相変わらずの細かすぎて伝わらないパロディが素敵すぎ。





【2位】ドリフターズ

ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)

人気作『ヘルシング』の作者の新作。
織田信長、ジャンヌダルクといった歴史上の猛者が異世界で国取り合戦するファンタジー。
ヒラコー節が冴えわたっていて抜群に面白い。





【1位】惑星のさみだれ

惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)

惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)

現代を舞台に、地球を破壊しようとするビスケットハンマーを阻止するため12人の騎士と姫の攻防を描いたアクション作品。
今年ついに素晴らしいラストで完結。
10巻を通して段々と盛り上がり最高潮で締めくくった、漫画史上稀に見る傑作。
最高の笑いと熱さと悲しさと喜びと感動を与えてくれた。










【総括】
そんな訳で2年連続で『惑星のさみだれ』が1位。
最終巻が発売する前は正直2年連続はどうかと悩んでました。
しかし最終巻を読んでコレ以外選択肢はなく即決となりました。




ドリフターズ』『ハルシオンランチ』はこれからも期待。
『SCATTER』は全くこれからの展開が読めないので、傑作となるのか全然分からない。
来年はアニメ化する『放浪息子』がどれだけ注目されるか期待。



来年も良き作品で出会えることをー。




【関連LINK】
2009年超個人的マンガ50選(25位〜1位)
2009年超個人的マンガ50選(50位〜26位)
2008年超個人的マンガ50選
2007年超個人的マンガBEST20
2006年超個人的マンガベスト15